脇差政宗 赤石目鞘

¥ 16,800

鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて活動した正宗は、
「相州伝」と称される作風を確立させた日本で最も著名な刀工であります。
「のたれ」「互の目」と呼ばれる刃紋が特徴で、
仕上がりの美しさは他の追随を許さないものがありました。
主に徳川家で重宝されていた正宗ですが、石田三成や真田幸村が愛用した事でも知られております。


■サイズ
全長:約70cm 刃渡り:約45cm 柄長:約17cm 約810g

■素材
刀身・金具:亜鉛合金 鞘:木材 柄糸・下げ緒:人絹 柄本体:樹脂

鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて活動した正宗は、
「相州伝」と称される作風を確立させた日本で最も著名な
刀工であります。
「のたれ」「互の目」と呼ばれる刃紋が特徴で、
仕上がりの美しさは他の追随を許さないものがありました。
主に徳川家で重宝されていた正宗ですが、石田三成や真田幸村が愛用した事でも知られております。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する